自分で木綿着物や浴衣をお洗濯。

梅雨明けしてこれからお祭りの季節。

浴衣でお祭りにお出かけされる方も多いことでしょう。

今日は浴衣をお洗濯してみます。

主人の浴衣なので洗ってもらいましょうかね。

○用意するもの○
・液体洗剤(エマールやアクロンなどお洒落着用)
・ゴザ
・洗濯ネット

1.キモノをいつものようにたたんでおきます。
f0171351_1555633.jpg

2.バスタブに液体洗剤を大さじ1杯ほどいれてぬるま湯のシャワーを10cmぐらい張ります。
f0171351_156877.jpg

3.畳んだ着物をバスタブに入れて足で踏んで1分押し洗い。
f0171351_1562149.jpg

4.栓を抜きます。キモノをなでながら水を絞ります。
f0171351_1563363.jpg

5.ふただびぬるま湯を10cmためて足で1分押し洗い。
f0171351_1562149.jpg

6.栓を抜きます。水がなくなったらシャワーを出しながらキモノをなでて水を絞り
 泡が出なくなるまでなでます。
f0171351_1574458.jpg

7.ネットに入る大きさに畳んで、洗濯機で20秒脱水にかけます。
f0171351_1511850.jpg

8.脱水したキモノをキレイに畳みます。
f0171351_1510564.jpg

9.ゴザの間に挟んで、1時間寝押しならぬ座押しします。
f0171351_15104465.jpg

10.日陰に干しましょう。
f0171351_15102922.jpg


コレで終わりです。

座押しすることでアイロンいらず。

座押しはお茶の先生から教わったのですが

アイロンがけは大変だし

何よりキレイに仕上がるので助かります。

浴衣と木綿着物の洗い方はいっしょなので

お洗濯するときは参考にしてみてください。
[PR]
# by fudan-kimono | 2008-07-08 14:57 | キモノのお手入れ

七夕の流しそうめん

今日は七夕。

浴衣で集まって自家製流しそうめん。

暑さも吹っ飛ぶ楽しいお昼となりました。

f0171351_14214113.jpg

[PR]
# by fudan-kimono | 2008-07-07 13:49 | たわらや錦作本店

金平糖

呉服屋さんにとついでよかったなぁと思うことのひとつは

おいしいお菓子をいただけること。

京都などの今まで食べたことないような

おしゃれでおいしいお菓子をお客様からいただきます。

これは緑寿庵清水さんの金平糖。

今まで金平糖をおいしいともおいしくないとも思ったことはなかったけど

緑寿庵清水さんの桜の金平糖を初めて食べたときはおいしくて感動しました。

桜の香りがしてやさしい甘さなのです。
f0171351_171845.jpg


今回いただいたのは天然蜜柑とバニラとソーダ味。
[PR]
# by fudan-kimono | 2008-07-01 17:11 | お菓子

木綿着物

この木綿着物をお仕立てにだします。

今まではちょっとサイズが変わっても着られるように

大きめに仕立ててきたのですが

普段着ということで、ぴったりサイズでお願いしました。

どんな風に仕上がって来るかたのしみ。

f0171351_13364530.jpg

主人と新しくふだん着物のネットショップを立ち上げようと計画中。

着物生活が楽しくなるようなショップになるといいな。
[PR]
# by fudan-kimono | 2008-06-26 13:38

にほい袋

お気に入りのハギレで作ったにほい袋。

そっと袖の中にしのばせて。
f0171351_14124673.jpg

[PR]
# by fudan-kimono | 2008-06-25 14:15 | キモノ小物