<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

他郷阿部家にインターンしたお話

f0171351_14151932.jpg

他郷阿部家から帰ってきてから10日が経ちました。
最近のことなのにパラレルワールドにいる違う自分の記憶が残っているような
今思い出しても本当にあそこで働いて居たんだろうかと思うような不思議な気分です。
こちらでインターンとして働かせていただいたのは実質8日間だったけど
1年以上居たようなとても濃い日々でした。

群言堂に出会ったのは2016年の5月の東京出張でした。
coredo室町で「gungendo」という空間デザインがとても素敵なアパレルショップに出会ったのがきっかけです。そこにあった本にも目が止まりました「起業は山間から」
美山という小さな町で起業した私たちはこの言葉にも惹かれたのです。
消費社会に疑問を感じ、雑貨の取り扱いを減らそうと考えながらの出張で
「消費される雑貨と見切りをつける!」と息巻いて
ミッドタウンで開催されていた「雑貨展」へと足を運びました。
箱庭さんの雑貨展リポート↓
http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2016/02/zakka/
おしゃれでシンプルな現代的デザインの雑貨や昔から残っている雑貨、
作家モノの日常雑貨、日用品雑貨。
有名アーティストや店主さんなどがセレクトした雑貨たちが展示されている企画展。
そこでも一番目を惹いたのが群言堂の展示だったのです。
お玉や竹かご、ほうきに湯たんぽ、三浦編集長と書かれた新聞。
「生きている」
物質的な雑貨ではなく生きているモノが飾られているそう感じました。
鹿児島に帰ってすぐに群言堂関連の書物を購入し
ますます、ここの場所へ行ってみたい気持ちが膨らんで行ったのです。
f0171351_14131911.jpg

阿部家の1日はとても忙しい。
インターンの仕事は朝から客室の掃除と調理の補助がメイン。
屋根の上に登って布団を干したり、
古い窓ガラスは割れやすいので優しく拭いて、
苔とスミレは残して雑草を抜いて、
バケツに水を汲んで床板を雑巾掛け。
家事をこれだけしっかりしたらこんなに体力を使うんだ。と驚くほど。
帰宅部育ちの私にはハードな10日間でした。

それでも楽しかったのはスタッフの皆さんが素晴らしかったから。
自分の仕事に責任を持っていてお客様のことを第一に考えて楽しくお仕事しているのが見えて、
皆さんの役に立ちたい。そう思いながら働きました。
群言堂の社員さんは皆さん家族のように仲がいいのに驚きました。
お休みの日も一緒に過ごすことが多いそう。
私もカフェや海や焼き物祭りに連れてっていただきました。
f0171351_15375360.jpg

キャンセルがでたお部屋に泊まらせていただいたり
お客様と朝食をご一緒させていただいたり、
研修とは思えないほど贅沢な時間も味わいました。
f0171351_14131563.jpg

阿部家の書斎。
本棚っていいな〜改めて本の良さを感じさせてくれる場所でした。
置いている本でその人の考え方や生き方がわかりますよね。
いい本を読もう。いい本を持とう。そう思いました。
f0171351_14131235.jpg

毎日通った街並み。
目立つ看板や旗もなく景観が美しい。
この建物全てが商店じゃなく、住居と店と混ざっています。
生きている町なんだなと感じます。
f0171351_15581457.jpg

群言堂では「暮らし」をとても重要視しています。
若い社員さんたちが、この小さな町で家を借りたり、寮に住んで暮らしています。
暮らしの中に仕事がある。そんな感覚です。
丁寧な暮らしを提案してもその人に実生活の「暮らし」がないと
それは嘘になってしまう。
阿部家のおくどさんには生活感があって暮らしが見えます。
いいな〜こんな生活したいな〜では終わらせない。
「あなたそんな生活していていいの?」と問われているようで
反省させられる場所でした。
f0171351_18135274.jpg

群言堂を作ったオーナー松葉夫妻。
登美さんは朝からメディアの取材やお洋服のデザイン、夜は阿部家でお客様とお食事して
いつお休みするのかしらと思うほど毎日大忙しでした。
そんな中、「あなたは経営者だから」と講義の時間を作ってくださり
今までの群言堂の成り立ちや、今までこの町でしてきたことを
写真を交えてお話ししてくださいました。
f0171351_18134624.jpg
楽しいこと、好きなこと、したいことを見つけて、忘れずそれをずっと想い続けること。
そうしたら自ずと欲しい言葉や、人や、モノが寄ってくる。
自分に受け皿がないと、いくらいいモノ、いい言葉、いい人に出会っても
気づかないし築けないこと。
掛け軸にあった「心想事成」。
この言葉に全てが集約されているように
30年前大森町に住み始めた大吉さんと登美さんが思い描いていた場所が
少しずつ形になって今の群言堂ができているんだなと感じました。

最後の日の朝に、登美さんとお話したくて朝食をお手伝いしにいった時にいただいた言葉。
「最近の人はすぐ疲れた〜っていうけど楽しいことしてたら疲れないのよ。」
「遠慮したらダメよ。遠慮されたら相手が悪い人になっちゃうじゃない。」
「自信がないのが顔に出てるわ。自信を持ちなさい。あなたは大丈夫よ。」
耳が痛いお話。
登美さんは自分にはもちろん他人にもとても厳しくて、
相手がどう生きていったら幸せになれるのか真剣に考えてくださるとても優しい方でした。

ここで学んだことをどう生かすか、これからどう生きていくのか。
考えて考えてもがいてもがいて、
最後に「あ〜楽しかった!!」と終われる人生にしたいと思います。
f0171351_1840281.jpg

本当におすすめのお宿です。
どうぞお泊りくださいませ。

他郷阿部家
〒694-0305
島根県大田市大森町ハ159-1
TEL/FAX 0854-89-0022
http://www.takyo-abeke.jp
[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-27 14:40 | tawarayaについて

レトロフト5周年!

今年でレトロフトオープン5周年。
昨夜は「夜会」と称して全店22時まで営業いたしました。
ドレスコードは怪しいフォーマル。
f0171351_15452049.jpg

古書リゼットの安井さんも、花ノ木の中村さんも着物とお髭でおめかし。
お客様も、思い思いのおしゃれでご来店くださって
不思議な空間になりました。
f0171351_15502879.jpg

ネコノヒタイでは砂田さんとトランプ大会。
f0171351_15522013.jpg

レトロフトオーナーの永井様と頴娃町からは野菜菓工房楓fuさんも。
f0171351_15534447.jpg

pekepekeの二人も絵本から飛び出したようなコスチュームでとっても可愛かったです。
この記事の写真は全てstudio pekepekeさんより頂戴しました。

最後にわたくし。
シャンパンバーのお手伝いを頼まれたのでお給仕さんをイメージしていたのですが、
お髭をつけたせいかこんな風貌に。
いろんな方にお髭が似合うと褒めていただきました。

お隣の絶世美女はネコノヒタイスタッフの仲里さん。
タイタニックのお嬢様のようで見とれてしまいます。
f0171351_15565721.jpg

こんな楽しい大人の遊びができるレトロフトが大好きです。
今後とも怪しいレトロフトをご愛顧くださいませ。

メインの種子田邦彦さんのハモンドオルガンと本の共演もとてもとても素敵でした。
一番近くで演奏を聴きながらのお仕事、贅沢な時間でした。
オーナーご夫妻もとってもオシャレだったので
お写真がもらえたらまた掲載しますね。
[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-23 16:03 | 毎日のこと

採れたて筍

f0171351_1437294.jpg

ウェルハンズ。さんや地元の有志の方たちが一生懸命採った、
採れたてたけのこの販売を始めました。
今年のたけのこは栗のように甘い!とのこと。
期間限定の販売です。
帽子をかぶった新鮮な筍どうぞお求めください。
f0171351_1437743.jpg

[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-19 08:36 | 毎日のこと

真田紐の鼻緒

昨日島根県の研修より帰ってまいりました。
島根県の大森町にある「他郷阿部家」に10日間の社会人インターンとして
お勉強させていただいたのです。
たった10日間ですが半年暮らしたような濃い日々でした。
その日々のことはまた書きますね。

さてさておとといより菱屋カレンブロッソのオーダー草履展開催しております。
200種類の鼻緒からお選びいただいて台の色など選び
お好みの草履をお作りいたします。
どうぞ見にいらしてくださいね。
f0171351_1224964.jpg

[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-18 12:26 | 毎日のこと

菱屋カレンブロッソ展

f0171351_14552160.jpg

明日より一週間レトロフトにてオーダー草履展開催いたします。
普段のお草履や礼装用にいかがでしょうか。
[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-15 14:57

西陣 坐 佐織展

毎年恒例となりました「西陣 坐 佐織展」。
作家の佐竹司吉さんも京都よりお越しになり賑やかな三日間でした。
ご来場下さった皆様本当にありがとうございました。
おかげさまで学びの多い、濃い時間をいただきました。
f0171351_20533937.jpg

こんな田舎の着物屋に佐竹先生が来てくださるのも贅沢で本当にありがたいことです。
三日目はご予約も少なくゆっくりだったので
お庭に咲いているツバキを集めて草木染めをしてみました。
椿の花びらを集めて、酢を入れてもんで灰汁をだし媒染液にします。
ピンク色になるのかと期待したら淡いベージュ色になりました。
草木染めは染まり上がるまで色がわからないのもわくわくします。
荷造り紐で結んで絞りにして、もう片方は漆と鉄でグレーに。
f0171351_20533773.jpg

綺麗な色のものを着ると楽しい気持ちになります。
カラフルなお洋服や着物を当たり前のように目にして着ているけれど
元々は草木で糸を染めて衣服を作っていたこと。
毎度毎度、薄かったり、濃かったり、思った通りの色にはならないけれど
自然からの色を頂いて衣服を楽しんでいたのだなと
当たり前のことがとても有り難く感じました。
f0171351_20533482.jpg

[PR]
by fudan-kimono | 2017-04-06 21:02 | 毎日のこと